【最新】英語の発音を上手くする方法!ネイティブのように話すには?

どうもハダカです。

本日は

英語の発音上達方法

について。

 

文法や、単語、リスニングはできるけど、

どうしても話すのは苦手といった方や、ネイティブのように綺麗に話せるようになり方必見です。

具体的な学習法や、実際に話す時のコツなどご紹介できればと思います。

 

英語の発音を上手にする具体的な練習法

1.舌を使う事を意識する

日本人が英語をいつまで経ってもネイティブのような綺麗な発音で話せない1つの原因は舌の使い方です。

日本語は基本的に舌を使わない言語です。

それに比べ英語はバンバン使っていきます。

更に言えば、この舌の使い方によって意味が違ったりしてくるので、とても重要になっていきます。

 

ではどうやって、この舌使いを上手にするか。

 

まず舌の筋肉を鍛えましょう。やり方はなんでも良いです。

英語が関係していなくても大丈夫です。

ネットで調べれば、たくさん出てくると思いますが、とりあえず舌を上手に動かせるよう筋肉を鍛えましょう。

あなたが思ってる程に英語を上手に話せるほどの筋肉はたいていついていません。

 

それができてきたら、ユーチューブなどで具体的な英語の舌の使い方を調べて練習してみましょう。

ここでやり方は話しませんが、そこは自分で調べて練習してください!たくさん情報は出てくるので!

 

2.話す時に口をできるだけ使い、大きく開けるイメージを持つ

日本語は口を大きく開けなくても発することができます。

まず概念から、日本語を話している時の口の使い方は忘れて下さい。

なので逆のことをしてみましょう。

 

例えば、わざと大きく口を使い話してみるとか、、

 

一見馬鹿っぽいですが、この練習法は大事なことです。

 

口の筋肉や、使い方がガラッと変わることで、口が新しい言語を学ぶ体制になります。

その結果すんなりと発音などが習得できるようになります。

 

これは特に先生など必要なく、自分一人できる練習法なのでお勧めです。

 

3.息継ぎの場所を正しい場所で

結構上級者向けかもしれませんこれは、、

 

英語を話す際の息継ぎの場所です。

 

こんな経験ありませんか?

英語の発音は上手なのに、なんか上手に聞こえない。

日本人の英語の発音に聞こえてしまう。

などです。

 

あとは、なんかすらすら読んでイイ感じなんだけれども、

発音が微妙。

っていう場面です。

 

これは息継ぎの場所が原因になっている可能性があります。

 

その文の内容や、その人の読む際の感情によりますが、

なるべく一文ずつ息継ぎを最初はしていきましょう。

 

日本人の特徴として、1文読み終える前に息継ぎなどして、文を止めてしまうことです。

文を読み終える前に息継ぎをするととっても英語初心者のような発音に聞こえてしまいます。

 

なのでまずは、一文を読み終えることを意識しましょう。

そして、これは更にできる方で良いですが、

抑揚を付けましょう。

文に感情を大いにのせるという意味です。

英語は感情が大げさすぎる方が綺麗に聞こえる場合があります。

 

意識してやってみましょう!

 

4.音読する際は早くではなくゆっくり確実に

勘違いしているのが、英語を早く読めばネイティブみたいに聞こえるという事です。

 

1つ1つの単語を上手く発音できないけどそれっぽく読んで早く音読することは、

全く意味ないことだし、1つ1つの単語の発音ができなければ日本人からは上手いと言われるかもしれませんが、

ネイティブからは恐らく理解すらされません。

日本人ウケする発音ではなく、ネイティブに通じる発音を習得しましょう。

そのためには、文を読む際はゆっくりでも良いので、1つ1つしっかり単語を発音していきましょう。

 

5.自分がネイティブだと思い込み話す(よく、ふざけながら英語を話す面白い友達のような感じ)

これが意外に結構重要かも。笑

 

日本人が気を付けるべき点は、英語を話す時の雰囲気や心構えです。

 

まず、緊張しすぎ笑 それから遠慮しすぎ。

その気持ちすごくわかります。実際僕もそうでした。

自分の英語が間違っているんじゃないか、ネイティブの言ってることが理解できなかったらどうしよう、

などなど不安はたくさんあります。

だから正直考えだしたらキリがないです。

実際そのようなネガティブな考えからは何も産まれなくて、ただただ時間を無駄にするだけです。

 

いきなり緊張するな!なんて言いません。

そういう状況になったら、学生の時などに英語をふざけて発音しているクラスメイトを想像してみて下さい。

 

あれ、馬鹿みたいだけど実際言っていること普通に理解できましたよね?

ネガティブも同じです。あのぐらいはっきり言うとすごく理解しやすいんです。

日本人がかっこつけて、英語を早くそれっぽく話すより、こっちの方が全然理解されます。

 

発音がダサいとか気にする必要はありません。

この記事を見ればわかるように、

ネガティブはあなたの発音全く気にしません。

→あなたのその発音完璧です!!

 

 

実際に英語を話す時の注意点と上手く話せるようになるコツ

についは次の記事で話していきます!

実際にネイティブと話す際に絶対やるべき事などまとめましたので、

そちらも是非読んでみて下さい!

 

じゃあねバイバイ:)

U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です