【英語学習】英語を学ぶ際は赤ちゃんを真似しろ!!<超重要>

こんにちはハダカです。

 

なぜ赤ちゃんは1年とちょっとで言語を話せるようになるのに、

大人たちは10年もかけても話せるようにはならないのか?

本日はその理由と、英語を学ぶ際のポイントについてお話していきます。

 

英語がいつまで経っても話せない理由

それは一言で言うと、学習法にあります。

例えば、英語を日本語で学んだり、

文法の学習ばっかりしたり、

途中でめんどくさくなり、辞めてしまったり、

英語を全く話さなかったり、

あなたが学校でやった学習の仕方はとりあえず全て間違っていると思って下さい。

 

ていうかあなたがやってきたことが正しいとするならば、今頃英語で悩むことはありませんよね。

赤ちゃんはその一方、最短で1年近くで言語を習得します。

 

例えば、

fireという英語はですよね?

この単語あなたならどうやって覚えますか?

そのままというで覚えていませんか?

ここがまず第1の間違いです。

ここは赤ちゃんはfireと覚えるのではなく、

と覚えます。

分かりますかこの違い?

で覚えるのではなく、で覚えるのです。

人間の脳は字で覚えるより絵の方が頭に定着します。

なぜなら印象の大きさがまるで違うからです。

 

他にも、日本人がお得意な文法ですが、これもとっても非効率な覚え方をしました。

それは先生から強制的に教わったことです。

本来は、実際に英語で会話をし、なんで You が一番最初でそのあとが動詞なの!?

みたいに会話を通して疑問を持ち、そこで初めて調べてみようと思うのが学習の基本です。

その概念をぶっ飛ばして、強制的に学ばせているのが問題で、教わっている生徒も面白くないはずです。

面白くないという事は当然頭にも定着しませんので非効率になります。

要は日本の学習制度は全くアウトだったということです。

 

英語を最速で話せるようになりたければ赤ちゃんを真似しろ!!

下の四点の理由から赤ちゃん学習が最適という論文や科学的証拠も出ています。

1.面倒をみてくれる親

赤ちゃんをサポートしているお母さん。

意外にもこのお母さんが赤ちゃんの言語習得に一番重要な役割。

 

誰もが一度は赤ちゃんに会ったことありますよね?

話している言葉とか正確ではないけどなんとなく理解はできましたよね?

なぜか。

それはあなたが必死に聞こうとしたから。

お母さんも赤ちゃんの言う事を必死に着て、理解しようとする。

毎日何時間も赤ちゃんと一緒にいて、話をする。

赤ちゃんにとってこの母親が行っている役割が、言語習得において一番重要。

 

間違えても、お母さんは決して怒ったりはしない。逆に笑ってくれる。

どんなに1文を話すのに時間がかかっても必ず待って最後まで聞いてくれる。

 

赤ちゃんは気持ちよく言語を話せる。

そうしていくうちに、自信もつき、間違えても恥ずかしいとは思わなくなる。

 

考えてみて下さい。

あなたが今日本語を話していて、友達が文法や適切な単語を使わなかったシーンです。

あなたは自分のミスが分かっていても話を進め、別に気にすることもなく友達と会話を続けますよね?

 

要は、間違いを気にしなくなるという事です。

この自信は赤ちゃんの時のお母さんの影響を受けています。

 

なので今あなたが新しい言語を学ぶ上で気を付けるべきポイントは、

お母さんのようなパートナーを見つけることです。

これは友達だったり先生でも構いません。

僕の場合は恋人でした。

アメリカ人の恋人がいてひたすら僕の英語を聞いてくれて、そのおかげで僕は自信をもって話すことができるようになりました。

 

もしいきなり外人の友達や恋人は難しいというならば、英会話クラスでも学校のネイティブでも構いません。

あなたの話を聞いてくれる人を見つけましょう。

 

他の4点はまた違う記事にて書くことにします。今日は長くなってしまったので。

じゃあまたお楽しみ!

2.遠慮がない

3.恥ずかしさがない

4.言語習得がマストの状態

5.単語などの覚え方

U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です