あなたのその英語の発音。完璧です!!気にする必要全くない!

こんにちはハダカです。

 

本日は、日本人が気にする英語の発音についてです。

 

英語を学ぶ上で、恐らく多くの方が躓くのがこの発音。

 

しかし皆さんが思っている以上にこの発音の悩みは簡単に解決されるのです。

本日はそこらへんについて話していきたいと思います!

 

英語の発音は綺麗かどうかではなく伝わるかどうか

多くの日本人が勘違いしていることは、

発音が上手い人が英語が上手という事です。

または、発音に自信がないためにネガティブ思考になり、

外人との会話を避けたり、貴重な機会をたくさん失う事です。

 

あなたが話すその英語、誰に向かって話していますか?

 

前の記事でも話したように、ネイティブや英語を話す外人は

あなたの発音をこれっぽっちも気にしません。

日本人は発音が下手くそとか、他の国より劣るとか、

そんなことは気にしません。

 

彼らが気にすることは、理解できるかどうか、です。

そしてその理解される英語というのは、ネイティブみたいにスラスラの英語ではありません。

カタコトでも良いので、しっかりと声を張ってはっきり発音し、日本語英語で良いので自信を持って話すことです。

 

そんなんじゃダサいし伝わらないよ~と思うかもしれませんが、

はっきり堂々と言えば問題ありません。

というのも、案外恥ずかしがったり緊張しているだけで、

発音自体は理解できるし問題はないのです。

 

ネイティブみたいな発音を習得するには

それでも発音をネイティブのように話せるようになりたい場合は、下記の練習をしてみて下さい!

 

1.役者の真似をする

役者さんの演技を見て、真似をするだけでいいです。

なんでもいいです。映画でもドラマでも良いので、その人の台詞、言い方、感情、ジェスチャーを真似してみて下さい。

それをいろんなシーンで何回も行っていきます。

 

するとどうなるかと言うと、だんだん口はもちろん、

こういう時はこういう風に感情をのせて話せば良いんだとか、

こういう時はこういうイントネーションや発音をすれば良いんだと体や脳が覚えていきます。

 

なので、役者はなるべくネイティブの方が良いです。

なぜならその人を真似するのでその人の話し方に似ていきます。

英語を上達させるのには一番これが手っ取り早いです。

なので、複数の役者をモデルにするのはなるべく避けた方が良いです。

 

2.1つ1つの単語の発音をしっかり覚えて正しく発音していく

単語帳や、今ではインターネットで英単語の発音なんていつでも確認できます。

1つ1つ単語を確認していくのは面倒だと思うので、

分からない単語が出てきた際にその都度確認していく程度で良いです。

ただ、一度調べた単語は意味はもちろん発音もしっかり覚えましょう。

本当に言語学習というのは1つ1つ地道に覚えていくしかありませんし、

今喋れる人はみんなそうしてきました。

 

3.口・顔・舌の筋肉をつける

英語の発音を上達させたいなら、英語を発する筋肉を付けないといけません。

口の使い方や、顔や舌の筋肉なんて発音にそこまで関わらないと思っている人がいるかもしれませんが、

めちゃくちゃ大事です。この筋肉があればかなり上達すると思います。

 

日本語はそこまで舌や顔の筋肉を必要とせずとも発することができます。

なので英語を話したときに顔の筋肉がどう動いたら良いか分からないから、

正しい発音ができないわけです。舌も同じ理由です。

 

単純に筋肉が足りないので、つけましょうってことですね、笑

特に舌の使い方は練習すべきです。

 

鍛え方や、舌の使い方などをグーグルやユーチューブで調べればたくさん出てきます。

 

この三つを実際に試してみて、自分に合うものを練習しても良いし、

できることなら三つ全て練習するのがベストです。

何か質問あればコメントに残してね:)

LINEも始めたので質問あればそっちでもどうぞ lol

バイバイ!

U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です